ホーム産廃許可 > 産業廃棄物処理業許可の専門家

 当事務所での求人については、所員求人のご案内をご覧ください。

産業廃棄物処理業許可の専門家

 当事務所は2003年1月に、産業廃棄物処理業許可を中心に申請代行業を開始しました。2000年以降に産業廃棄物処理業許可制度が厳格になり、申請を煩雑に感じる方が増えるのではないかと予測してのことです。 数多くの申請を経験した結果、東海3県での産業廃棄物処理業許可の専門家、先駆者として評価をいただけるようになりました。これまでの申請経験から、低価格、ハイレベル、トータル(収集運搬業から処分業まで)な申請代行をモットーにしています。当事務所の産廃許可申請の何がハイレベルなのかを1人でも多くの事業者様に知っていただくことが、このページの目的です。

行政書士に依頼するメリットとは?

 産廃許可申請代行を行政書士に依頼するメリットとは何でしょうか?それは一般的には、「申請手続きに時間を使わなくて済むこと」です。 産廃許可の更新期限は5年間と長いため、前回の申請でのミスを繰り返してしまいがちです。 結果として、申請が1回で終わらずに思いがけず時間がかかることがあります。行政書士に依頼すれば手間も時間もかかりません。その代価として行政書士報酬を支払います。いわば「時間をお金で買う」ということです。

 見過ごされがちですが、行政書士に依頼するメリットはもう1つあります。「よりよい産廃許可」を取れるということです。 産廃許可は決して「取れるか」、「取れないか」の世界ではありません。産業廃棄物収集運搬業で最も重要なのは、十分な品目で許可を取ることです。 許可取得後に必要に応じて品目追加をすることはできますが、これには変更許可申請が必要で、新規許可申請とほぼ同じ手間・費用がかかります。 産廃許可申請代行の経験豊富な行政書士であれば、事業者様の将来の事業展開に基づいた申請書を作成することで、スムーズに十分な品目数での許可申請ができます。

 当事務所の産廃許可申請代行業務のセールスポイントを、3段階に分けて列挙します。

許可申請までのセールスポイント

許可申請内容のセールスポイント

許可取得後のセールスポイント

当事務所の産廃許可申請

産業廃棄物とは

産業廃棄物処理業許可

産業廃棄物収集運搬業許可とは

産業廃棄物収集運搬業許可申請

積替保管・処分業許可申請

許可後に気をつけること

産廃許可リンク

飯島行政書士事務所

愛知県長久手市杁ケ池120番地

パークグリーン長久手602

TEL:0561−63−0292(お問合せ)

産業廃棄物処理業許可申請

変更届から施設許可まで! 産業廃棄物処理業許可申請のトータルサポート。

事務所紹介 産廃許可 建設業許可 報酬額 相互リンク サイトマップ